PRESSROOMプレスルーム

CXプラットフォーム「KARTE」4周年の進化、 広がりを伝えるインフォグラフィックを公開

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役 倉橋健太)は、同社が提供するCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」が2019年3月12日に4周年を迎えたことを記念し、またKARTEに関わってくださる多くの皆様に感謝の気持ちを込めて、本年度で4回目となるインフォグラフィック「データで見るKARTEの軌跡」(https://karte.io/infographic/2019/ )を本日公開いたしました。

今回のインフォグラフィックでは4年間のヒストリーと「KARTE for App」や「KARTE Datahub」などプラットフォームとしてのKARTEの進化、及びKARTEを活用する企業が日々生み出している、顧客体験向上に向けた施策の広がりを数字と共にご紹介しています。

 

サービスローンチから4年間の累計で42億のユーザーを解析(前年度22億/ローンチから3年間累計)し、KARTEで配信した接客は年間133億(前年度42億)、EC領域における年間解析流通金額は9,719億円(前年度4,243億円)となりました。

 

「データで見るKARTEの軌跡」

https://karte.io/infographic/2019/

 

KARTEについて

「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

このエントリーをはてなブックマークに追加