PRESSROOMプレスルーム

優れた顧客体験を実現できたサービスやプロダクトを表彰する「CX AWARD 2020」発表、プレイドとJ-WAVEの共同選考で12の取り組みを選出 #CXAWARD

CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」ならびにCXに特化したメディア「XD(クロスディー)」を運営する株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)は、優れた顧客体験を設計・実現できたサービスやプロダクトを表彰する「CX AWARD 2020」を発表しました。

CX AWARD 2020 特設ページ(https://cxdive.com/2020/award/

「CX AWARD 2020」は、プレイドが運営するCXにフォーカスしたビジネスメディア「XD(クロスディー)」編集部とJ-WAVE TOKYO MORNING RADIO内の「KARTE CX VOX」を担当する番組スタッフが共同で選考会議を行い、2020年のCXを象徴する12の取り組みを選出しています。

CX AWARD 2020 受賞事例

・b8ta(ベータ・ジャパン合同会社)
・カインズ(株式会社カインズ)
・しゅくだいやる気ペン(コクヨ株式会社)
・ADDress(株式会社アドレス)
・YOASOBI(ソニー・ミュージックエンタテインメント)
・音声配信
・どこでもレジ レジゴー(イオンリテール株式会社)
・バーミキュラ フライパン(愛知ドビー株式会社)
・あつまれ どうぶつの森(任天堂株式会社)

J-WAVE CX VOX AWARD

・オンライン音楽フェス
・食べ残しNOゲーム
・POKETLE(DESIGN WORKS ANCIENT)

 

CX AWARD 2020 選考基準

・2019年年末から2020年12月までに提供され、顧客が喜びを感じたサービスやプロダクト、エンターテイメントなどを評価対象とする。
・価格や機能性といった物理的な価値だけでなく、顧客に特別な「満足感」や「喜び」など体験価値・情緒価値を提供し、顧客によって価値だと感じられたもの。
・そのプロジェクトによって、社会に新しい顧客体験を提供した。
・社会的な認知や話題化、あるいはビジネス的に一定の成功を収めた。

 

CX AWARD とは

近年、あらゆる業界やビジネス領域において、プロダクトがサービス化する現象が進み、単なる物性価値を超えた体験価値・情緒価値こそがこの時代における価値の本質となっています。そのような時代状況において、優れた顧客体験を設計、実現できたサービスやプロダクトについて議論し、「CX AWARD」として評価することを通じて、より新しい価値を生み出していくための学びの機会としたいと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加