PRESSROOMプレスルーム

1800万点もの間接資材を扱う 事業者向けネット通販の「モノタロウ」が「KARTE」を導入

「KARTE Datahub」を活用して 来訪ユーザーに向けたパーソナライズを推進

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)が提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」が、工業用間接資材通販最大手の株式会社MonotaRO(兵庫県尼崎市:代表執行役社長 鈴木雅哉 、以下「同社」とする)の運営する、事業者向け通販サイト(https://www.monotaro.com)に導入されました。

少量多品種なロングテール商品を中心とした取り扱い商品数、また、多様な業種の利用者数が共に増加を続ける「モノタロウ」では、「欲しいものがすぐ見つかる」という一人ひとりの顧客体験を重視しています。同社が保有する分析データとKARTEを連携できるオプションサービスである「KARTE Datahub」を活用し、顧客の解像度を高めることによる顧客理解の強化や、来訪ユーザーへのパーソナライズを推進します 。

 

KARTE Datahubの活用で、BigQuery上の保有データをシームレスにKARTEに連携

自社のエンジニアがサービスを内製するテクノロジーカンパニーでもある同社は、Googleの提供するBigQuery 等をデータ基盤として採用しています。KARTEも同様にBigQueryをデータ基盤として活用しており、KARTE DatahubでBigQuery上のデータをシームレスに連携させることが可能です。このデータ連携により、データを活用したパーソナライズを行うことで同社の目指すより良いユーザー体験を実現できることから、今回の導入が決定しました。

 

KARTEについて

「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

このエントリーをはてなブックマークに追加