PRESSROOMプレスルーム

「Amazon Payで決済可能」をお知らせする EC向けポップアップの提供を開始

家電のコジマネットで導入を開始

 CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)は、ECサイトを運営する事業者向けに、決済手段としてAmazon Payがあることを顧客(エンドユーザー)に対して、適切なタイミングでわかりやすくお知らせするポップアップ機能の提供をKARTEで開始しました。

本ポップアップ機能は、Amazonが開始する「Web接客型Amazon Pay」に対応するもので、ECサイトを運営する事業者にとっては成約率の向上に向けた施策の一つとなります。KARTEが提供する多種多様なポップアップテンプレートと同様に、テキストやデザイン、色やレイアウトの変更はもちろん、表示する顧客(エンドユーザー)の属性やタイミングも自由に設定することが可能です。KARTEを導入する家電のコジマネット(https://www.kojima.net/)では、「購入前の新規会員登録など、入力で困っているお客様を手助けしたい」という目的から、本機能の事前導入を開始しています。

※Amazon、Amazon Payおよびそれらのロゴは、 Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

 

KARTEについて

「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

このエントリーをはてなブックマークに追加