PRESSROOMプレスルーム

CXプラットフォーム「KARTE」、「ITreview Grid Award 2020 Spring」の4部門で「Leader」受賞・「ITreview Best Software in Japan 2020」のTop50に選出

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)の提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」が、アイティクラウド株式会社(東京都港区:代表取締役社長 黒野源太)運営のIT製品レビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」において、満足度・認知度ともに優れた製品であると評価され、「ITreview Grid Award 2020 Spring」の4部門(「Web接客」「DMP(データマネジメントプラットフォーム)」「アプリ解析」「Webチャット)」にて「Leader」を受賞、また、「ITreview Best Software in Japan 2020」にてTop50に選出されました。

「KARTE」はウェブサイトやアプリを訪れる顧客の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、その人に合わせて最適なコミュニケーションをワンストップで実現します。ポップアップ表示や要素の書き換えなどのウェブ接客やメール、LINE、チャットなど、顧客視点から様々な体験を提供することができます。

多様なマーケティング課題に合わせて活用できることが評価され、「ITreview Grid Award 2020 Spring」では「Web接客」「DMP(データマネジメントプラットフォーム)」「アプリ解析」「Webチャット」の4部門にて「Leader」に選出されました。

「KARTE」のレビューページはこちらです。
https://www.itreview.jp/products/karte/reviews

 

「ITreview Grid Award」について https://www.itreview.jp/award/2020_spring.html

ITreviewでは、ビジネス向けソフトウェア・クラウドサービスについて集まったユーザーのレビューをもとに、顧客満足度や市場での製品認知度が把握できる独自の四象限マップ「ITreview Grid(アイティレビューグリッド)」を展開しています。本アワードでは、2018 年10月~2020年3月に集まったレビューをもとに、同一カテゴリーの中で満足度と認知度の双方が優れた製品を「Leader」に、満足度が優れた製品を「High Performer」として表彰、バッジを発行しています。

 

「Best Software in Japan 2020」について https://www.itreview.jp/best-software/2020

2018年10月~2020年3月までにITreviewに掲載されたビジネスユーザーのレビューを30件以上獲得した製品を対象に、満足度と独自のアルゴリズムで算出された認知度を掛け合わせ、ITreview Scoreを算出。 いま、日本のビジネスの最前線で注目を浴びているSaaS・ソフトウェアの中でも特に満足度・認知度がともに優れた製品を表彰、バッジを発行しています。

 

KARTEについて https://karte.io/

「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとりを可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

このエントリーをはてなブックマークに追加