PRESSROOMプレスルーム

プレイドが新会社を設立し、カスタマーサポート領域に正式参入

「KARTE RightSupport」β版を2022年1月より提供開始

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)は、企業におけるカスタマーサポート領域の事業を展開する新会社「株式会社RightTouch」を設立し、問い合わせをする前の顧客をオンライン上で解決に導く「KARTE RightSupport」(カルテ ライトサポート)のβ版を来年1月より提供開始することをお知らせします。KARTE RightSupport の開発においては、PoC(概念実証)としてソニー損保やSBI証券のカスタマーサポート業務で実際にご利用いただいています。

日本企業では長年、電話対応を中心にカスタマーサポート及びコンタクトセンター(以降、CSとする)で顧客に向けたサポート業務を構築してきましたが、近年はFAQ(よくある質問)の構築やチャット対応などウェブでのサポート対応も必須となっています。顧客対応の手段が増える中、オペレーターなどの採用難は深刻な状態が続いており、多くのCS部門は慢性的な人手不足となっています。

2022年1月よりβ版の提供を開始する「KARTE RightSupport」は、ウェブサイトなどオンライン上でサポートを必要とする顧客の課題やつまづきを特定するための行動データを可視化し、実際の問い合わせに至る前に課題解決に繋げることが特長のプロダクトです。サイト上で課題がスピーディに解決するため顧客満足度が向上する他、CSへの架電削減も実現します。また、問題や不満を抱えても、企業に直接問い合わせはしない「サイレントカスタマー」の問題解決にも寄与します。

プレイドと新会社のRightTouchでは「KARTE RightSupport」の開発、提供を通じてCS領域の顧客体験(CX)向上と、業務に従事するオペレーターなどの従業員体験(EX)向上、及び企業のCS部門における事業貢献の可視化を目指し、「データによって人の価値を最大化する」というプレイドのミッションを体現するような事業やプロダクトを展開していく予定です。

 

新会社の株式会社RightTouch代表取締役 野村修平よりご挨拶

「お客さまと直接繋がりを持つCSには、製品やサービスを改良したり、新たに事業を生み出すきっかけとなるような非常に多くの顧客の声(=優良資産)が眠っています。しかしながら現状のCSを取り巻く環境にはこうした優良資産を掘り起こす余力はなく、効率化にフォーカスせざるを得ない状況です。私たちはテクノロジーを活用してオンライン上での自己解決を促進し、CSでは人と人とのコミュニケーションでしか解決できない問題に集中できる環境も実現していきます。将来的には、より事業貢献度の高いCSを皆さまと一緒に作っていきたいと考えております。」

 

KARTE RightSupport(β版)について

機能の詳細及び、導入に関するお問い合わせはこちらのURLからお願いします。

https://rightsupport.karte.io/
 
 

新会社株式会社RightTouchについて

名称 :株式会社RightTouch
所在地 :東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F(株式会社プレイド社内)
代表者 :代表取締役  野村修平
設立日 :2021年10月27日 
事業内容:「KARTE RightSupport」の開発、提供
企業URL:準備中
資本金 :10,000,000円(資本準備金含む)(2021年11月末時点)/ 株主:株式会社プレイド

 

株式会社プレイドについて

名称 :株式会社プレイド
所在地 :東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F
代表者 :代表取締役  倉橋健太
設立日 :2011年10月3日 
事業内容:CXプラットフォームKARTEやKARTE Blocks等の開発、提供
企業URL:https://plaid.co.jp/
資本金 :2,644,731,278円(2021年11月末時点)

このエントリーをはてなブックマークに追加