PRESSROOMプレスルーム

日常の価値を問い直すビジネス・カルチャーマガジン 『XD MAGAZINE』VOL.2を発刊 #xd_magazine

今号からは、顧客目線で日常やカルチャー、ビジネスの諸ジャンルを切り取ることを目標に、さまざまな動詞を特集テーマとして掲げていきます

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)は、日常の価値を問い直すビジネス・カルチャーマガジン『XD MAGAZINE』VOL.2を発刊しました。

(写真提供:BAKERU)

2021年5月にオリジナル誌としてリニューアル創刊した『XD MAGAZINE』では、「VALUE OF THE EXPERIENCE」をテーマに、ジャンルを横断する様々な事象を取り上げました。

2号目となる今号からは、顧客目線で日常やカルチャー、ビジネスの諸ジャンルを切り取ることを目標に、さまざまな動詞を特集テーマとして掲げていきます。

Vol.2の特集テーマは「学ぶ」。学ぶということは積極的な行為で、自分を更新することでもあり、新たな視点を取り入れて見直すことでもあります。

特集の前半では、更新する土台の「自分」らしさを考え、個性と向き合っていくために、多様な立場の表現や姿勢を見ていきます。後半では「学ぶ」ことの意味を広げて、「教育の現場」をふくめて、さまざまなシーンを多角的に取り上げていきます。知識を詰め込むだけではない、あらゆる「学ぶ」という視点を掘り下げていきます。

巻頭対談は、京都精華大学学長 ウスビ・サコさんと哲学研究者 永井 玲衣さん

巻頭では、そもそも「学ぶ」とはどのような行為であるのかを、京都精華大学学長のウスビ・サコさんと、哲学研究者の永井玲衣さんによる対談から探ります。

続いて、ブックディレクター編集者の山口博之さんによる企画<知らない自分が教えてくれる >。演劇・料理・スポーツ・アニメーション・漫画・アート・建築などの多分野の、それぞれ独自の発想で知られる総勢16名に参加いただきました。無意識を意識化するといお題に応えるかたちで、それぞれの気づきが表現されています。

特集1の3つ目のパートは 「教育現場の現在地を探る」。2020年度から指導要領が変わった教育現場は、今まさに変革の時期。その現場を長年リサーチしているスタディサプリ教育AI研究所長の小宮山利恵子さんへの取材を起点に、従来の詰め込み式ではなく、 個性や創造性を育む教育のありかたを、4つの事例を通して紹介します。

(目次)
特集1
:実践者に聞く、学びの本質
019 巻頭対談│「わかんないです」とあえて言ってみる ウスビ・サコ × 永井 玲衣
026 知らない自分が教えてくれる 企画・ディレクション:山口博之
027 「無意識」を意識したとき、起こる変化について │ 山口 博之
028 計る│稲田俊輔

030 無意識の意識化/意識の無意識化│為末大

032 反復と変化│佐藤健寿
034 意識と無意識の往復│片桐はいり

036 違和感と触感│小高真理

038 無意識の情景│山科ティナ

039 椅子に座る、観察│藤田貴大

040 おばあちゃんみたいな犬と犬みたいなおばあちゃん│木下麦
041 子どもの言葉│穂村弘
042 バカな小林くん│柳家花緑

043 一人称│嘉島唯

044 無意識というか世界観。│阿部大樹

045 無意識に没入するための5つの手順│はらだ有彩
046 我が輩は野良である│卯城竜太(Chim↑Pom)

048 大きな庭をつくる│井上岳

050 蓄積される無意識を信じるために│上西祐理

052 コラム1 │「学ぶ」をめぐる民俗 │ 畑中 章宏

054 教育現場 の現在地を探る

054 “勉め強いる”から、“好きを楽しむ”教育へ│小宮山利恵子
057 CASE 1:LEARN│ 「好き」を育む学びの場│中邑賢龍
060 CASE 2:フォルケホイスコーレ│ ともに暮らし、ともに学ぶ│花田奈々
062 CASE 3:Inspire High│ よそ者が学校教育を変える?│杉浦太一
064 CASE 4:GAKU│ クリエイターが生徒と“一緒に考える”│武田悠太

068 コラム2│「のように」ではなく「として」考える│菅俊一

特集2
:人それぞれの 、“学び”の視点
085 自分が壊れるまでほぐす│伊藤亜紗
090 Unlearnで固定観念を手放し
092 新しい価値観を手に入れる│中竹竜二
094 あらゆるできごとを「年表」化趣味の先に「新しい世界」が見える │ パンス
096 「役に立たないこと」にこそとびっきりの「学び」が あ る │ 林 雄司

100 コラム3│自分を学び、無駄なことを考える│藤原麻里菜

102 「ゼロ・ウェイスト」先進地域で進行する、 町づくりの世代交代│大塚桃奈
108 京都里山プロジェクト│木藪愛
112 消費者から広告主へと変貌する K-POPのファンダム│田中絵里菜

116 映画の歴史は、学びの歴史? フィルムを収集・保存し続ける 「フィルム・アーキビスト」に聞いてみた│岡田秀則
118 「自分は何が好きなのか」そこからしかはじまらないよ│坂口恭平

126 コラム4│生な興味がつながっていく│星野概念

Series

007 日常って何だろう?
007 少年の不思議│藤野可織
009 ふりかえる。話し続ける。│me and you
011 植物と暮らす│22世紀ジェダイ
128 街を撮る│小見山峻

134 「映画」はある日、突然に。│ 金子 由里奈 第1回 ゲスト:大 橋 裕 之

136 XD Gallery:アートの体験│現代アートチーム 目[mé]
139 対談連載「拾ってみる」│ 森岡 督行 第1回「銀座のレシート」が語る悲喜交交 │ ゲスト : 遠藤 薫
140 「専門誌」に聞いてみた 。│ 季刊『 庭 』

142 だからボク、今日はもう、何もしない。│西島大介

144 OUR LIFE + OUR VALUE
144 “かわいい”が救うコト│杉田俊介
145 もりこみオジサン│武田砂鉄
146 根拠のないうわさ話│高橋ユキ

XD MAGAZINEは以下の書店およびオンラインストアで販売します

XD MAGAZINE VOL.2のお取り扱い店舗は下記となります。(9月21日時点)

・青山ブックセンター本店(渋谷区神宮前)
・ジュンク堂書店 池袋本店(豊島区南池袋)
・SPBS TOYOSU(江東区豊洲)
・BOOKSHOP 本と羊(福岡県福岡市)
・Storage KOBE(兵庫県神戸市)
・小杉湯(杉並区高円寺)
・金春湯(品川区大崎)
・ALL YOURS STORE(世田谷区池尻)
・GOODY BASE(世田谷区北沢)
(※以下店舗は、9月22日以降取り扱い予定)
・SPBS TORANOMON(港区虎ノ門) 
・栞日(長野県松本市)
・恵文社 一乗寺店(京都府)
・BUNDAN COFFEE & BEER(目黒区駒場)
・MINOU BOOKS & CAFE(福岡県うきは市)
・BREWBOOKS(杉並区西荻南)
・砂金書房(福岡県糸島市)
・TOUTEN BOOKSTORE(名古屋市熱田区)
・りんご堂(広島市中区)
・テントセンブックス(福岡市東区)
・やず本や(福岡市南区)
・西小山東京浴場 フロナカ書店街(品川区小山)

直接取引にて販売していただける書店、カフェ、雑貨店などを募集します。販売を希望される場合には、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

また、プレイドオンラインストア、Amazonでも販売しております。
https://store.plaid.co.jp/
https://www.amazon.co.jp/dp/4991203112

XD MAGAZINE ISSUE VOL.2
●特集名:「学ぶ」
●発売日:2021年9月21日(火)
●価格:550円(税込)
●発行:株式会社プレイド

このエントリーをはてなブックマークに追加