PRESSROOMプレスルーム

日常の価値を問い直すビジネス・カルチャーマガジン『XD MAGAZINE』VOL.3を発刊 #xd_magazine

VOL.3の特集テーマは「聞く」。音楽家の小袋成彬の巻頭インタビューに加え、冥丁、中村佳穂によるSpotifyのプレイリストも誌面と連動し公開。

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)は、日常の価値を問い直すビジネス・カルチャーマガジン『XD MAGAZINE』VOL.3を発刊しました。

(写真提供:BAKERU)

2021年5月にオリジナル誌としてリニューアル創刊した『XD MAGAZINE』。2号目より、顧客目線で日常やカルチャー、ビジネスの諸ジャンルを切り取ることを目標に、さまざまな動詞を特集テーマとして掲げています。

前号の特集テーマは「学ぶ」でしたが、今号のテーマは「聞く」。情報技術が発展した現代において、気軽に情報を届けられるようになったことにより、私たち一人ひとりが情報や意見の発信者/受信者となりました。しかしツールが発達することで大きな「見出し」ばかりが目立ち、日常の小さなコミュニケーションが大事にされないケースもまた増えている実感もあります。そんな今だからこそ、本特集では、改めて「聞く」ことの大切さに焦点を当てていきます。

「聞く」というと、相手の発言や周りの音を拾う受動的な行為という印象が強いかもしれませんが、意識のありようによっては、発話者の感情や意識によって左右されることもある、主体的な動作でもあります。また、人の本能的な知覚の一つでもあります。言葉やテキスト、写真といった視覚的情報が目まぐるしく流れる中で、ある意味「丁寧」であり続ける「聞く」行為を通して、日々のコミュニケーションで大切な価値観を探っていきます。

特集の前半では、様々なジャンルの動きや研究などを通して、「聞き」取る音などを含めて、「聞く」という行為が何なのかを探ります。後半では、より個人の視点に焦点を当て、各々が取り組む「聞く」を紹介していきます。

 

巻頭インタビューは、音楽家の小袋成彬さん。冥丁さん、中村佳穂さん、SUMIREさんへのインタビューも掲載

特集1の<「聞く」をひらく>では、音楽家の小袋成彬さんへのインタビューを起点に、ASMRブームやZoom疲れといった現代の日常を音との関係で紐解く山﨑広子さん(一般社団法人「声・脳・教育研究所」代表理事)、緊急地震速報チャイムの開発者として知られ、福祉工学の観点から聴覚を研究する伊福部達さん(工学博士・東京大学 先端科学技術センター 研究顧問)、聴覚体験にフォーカスしたプロジェクトで“新しい知覚”の最前線を切り拓くevalaさん(音楽家・サウンドアーティスト)など、多様なフィールドで活躍する研究者やクリエイターを訪ね、聞く行為と聞いているものの存在、両者の関係性について、多角的に考えていきます。

特集2の<”私”の聞き方>では、クリエイティブな活動のなかで、「聞く」ことを大切にされている方の視点に焦点をあてました。映画監督の濱口竜介さんのインタビューや、音声学者・言語学者の川原繁人さん(慶應義塾大学言語文化研究所准教授)のポケモンの名前分析の論考など、聞くことについてのそれぞれの独自のアプローチに迫ります。

また、今回の「聞く」というテーマに合わせ、音楽家の冥丁さん、中村佳穂さんにSpotifyのプレイリストも作成していただきました。誌面にあるQRコードからアクセスすることができます。ファッションモデルで女優のSUMIREさんのインタビューも掲載しています。

 

(目次)
012 特集 聞く

017 特集1 「聞く」をひらく
019 小袋成彬│波を整える

024 SCENE1│日常音の研究
026 山﨑広子│耳はいつでも開いている
030 伊福部達│聴覚を知り、暮らしを助ける
034 evala│聴覚だけにフォーカスするから辿り着く、“新しい知覚”を求めて
038 源河亨│「 ライブ」はどうして楽しいのか?心の哲学から考える

040 SCENE2│音を届ける
042 dialog in the dark│聞くは知ること
046 Screenless Media Lab.│音声は人に「行動」を促す
048 中村佳穂│近さと遠さ
054 冥丁│印象を再発見する
062 山本敦│音をめぐる体験の今

064 SCENE3│声の拾い方
066 畑正高│聞香
070 遠藤奈美│想像し共感する
072 森川すいめい│他者の音を聴け
076 能町みね子│聞き耳をたてる

080 CHAOS THEORY
Fashion Story│SUMIRE

091 特集2 “私”の聞き方
093 橋本倫史│話を聞くこと、記憶を残すこと
100 金野千恵│聞きながらつくる

108 川原繁人│コラム1│ポケモン名分析から迫る言語起源の謎

110 森栄喜│ 「いる」をまずは感じること
118 濱口竜介│“わからなさ”を共有し、分け合っていく

126 毛利嘉孝│コラム2│「聞く」ことの変遷

Series
007 日常って何だろう?
007 日常と創作の関係│UMMMI.
009 今日もおやつにしよう│川村明子
011 ランチの決断力、モンゴルと日本│島村一平

129 Mixed Feelings│印度カリー子、田中佑典、Vanessa、ゆっきゅん、谷口菜津子
132 街を撮る│第2回│新津保建秀
138 「映画」はある日、突然に。│金子由里奈 第2回ゲスト: 大橋裕之

140 「専門誌」に聞いてみた。
140 vol.02│月刊『なごみ』
142 vol.03│『週刊読書人』
144 対談連載「拾ってみる」│森岡督行
第2回│歩くこと、拾うこと、つむぐこと。│ゲスト:遠藤薫
146 だからボク、今日はもう、何もしない。Vol.02│西島大介

 

XD MAGAZINEは以下の書店およびオンラインストアで販売します

XD MAGAZINE VOL.3のお取り扱い店舗は下記となります(12月10日時点)。

・青山ブックセンター本店(渋谷区神宮前)
・ジュンク堂書店 池袋本店(豊島区南池袋)
・SPBS TOYOSU(江東区豊洲)
・SPBS TORANOMON(港区虎ノ門)
・本屋B&B(世田谷区代田)
・BREWBOOKS(杉並区西荻南)
・YATO(墨田区石原)
・古書 往来座(豊島区南池袋)
・小杉湯(杉並区高円寺)
・金春湯(品川区大崎)
・ALL YOURS STORE(世田谷区池尻)
・西小山東京浴場 フロナカ書店街(品川区小山)
・Seesaw Books(札幌市北区)
・スローテンポ書店(栃木県小山市)
・mountain bookcase (長野県諏訪郡)
・本と茶「NABO」(長野県上田市)
・恵文社 一乗寺店(京都府)
・Storage KOBE(兵庫県神戸市)
・本の栞(兵庫県神戸市)
・BOOKSHOP 本と羊(福岡県福岡市)
・MINOU BOOKS(福岡県うきは市)
・砂金書房(福岡県福岡市)
・テントセンブックス(福岡市東区)
・やず本や(福岡市南区)
・本屋アルゼンチン(糸島市)

直接取引にて販売していただける書店、カフェ、雑貨店などを募集します。販売を希望される場合には、 お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

また、プレイドオンラインストア、Amazonでも販売しております。
https://store.plaid.co.jp/
https://www.amazon.co.jp/dp/4991203120

XD MAGAZINE ISSUE VOL.3
●特集名:「聞く」
●発売日:2021年12月10日(金)
●価格:550円
●発行:株式会社プレイド

このエントリーをはてなブックマークに追加